実際に試してみた!骨盤矯正下着の種類 どんな形が効果的??

美容

骨盤の歪みの原因を知ることで、

骨盤が歪まないように生活することは下記でお話させていただきました。

 

 

骨盤のゆがみを治す方法!原因を知り、楽して歪みを治そう
骨盤のゆがみの原因は?どこからくるの? 骨盤のゆがみの原因は、日々の生活が大きく関わっています。 下記のような生活をしている人は要注意!! 骨盤が歪んで、身体にさまざまな不調が出ているかもしれません。。...

 

では、楽して骨盤矯正をするため骨盤矯正下着にはどんな種類があるのでしょうか。

骨盤矯正下着をいろいろ試したわたしが、それぞれのメリット・デメリットについて公開します。

 

下着の種類 実体験よりメリットデメリットを公開!

骨盤矯正下着の種類

 

骨盤矯正下着には数種類あります。

産後、骨盤の歪みが気になり、気がつけば全種類を試していたわたしが

実際のメリット、デメリットについてお話ししましょう。

 

 

<矯正下着の種類>

 ・骨盤ショーツ

 ・骨盤ガードル

 ・骨盤スパッツ

 ・骨盤ベルト

 

種類が複数あるのでどれを使うか迷いますが、目的や用途によって自分にあったものを選びましょう。

 

骨盤ショーツ

骨盤ショーツとは、下着のショーツの代わりに着用できるものなので手軽にはじめられます。

 

ショーツなので生地も柔らかく付け心地がいいものが多いです。直接肌に触れるものなので素材の良いものを選びましょう。

強制力は他のものに比べるとやや落ちます。

 

ウエストまで圧着されるタイプのものもあるので、ポッコリお腹をカバーすることも可能です。

骨盤ガードル

 

骨盤ガードルはハードタイプ、ソフトタイプがあります。締め付け具合がちがうので、求める効果によって選びましょう。

 

ソフトタイプ

ガードルに慣れていない方はソフトタイプがおススメ。

締め付けすぎで血行不良や、ガードルのサポートに頼ってしまい筋肉が衰えてしまうこともあるので初心者の方はソフトタイプを選びましょう。

 

ハードタイプ

補正効果が高いのはハードタイプです。しっかり締め付けてくれるのでより早く効果を実感することが出来ます。

しかし締め付けすぎによる逆効果には注意しましょう。

また、ガードルにはショートタイプとロングタイプがあります。

 

ショートタイプ

シルエットが気にならないスカート派におススメです。

スカートを履き、ストッキングも履くのでロングタイプだと太ももでストッキングが履き辛くなります。そこでショートタイプだとストッキングも気にせず着用できます。

また、夏の暑い日にも丈が短いので暑さ対策としておススメです。

 

ロングタイプ

パンツスタイル派におススメです。

骨盤だけでなく太ももまでサポートしてくれるので、たるみをカバーしてくれシルエットがきれいなスタイルに仕上げてくれます。

ショートタイプだとお尻のお肉がはみ出た!パンツのラインがくっきり!なんて恥ずかしい経験になってしまいますが、ロングタイプはお尻のラインもカバーしてくれるので安心です。

また、ウエストまでサポートしてくれるハイウェストタイプもあり、ポッコリお腹の対策にもなります。

 

 

骨盤スパッツ

 

 

スパッツなので太ももの上辺りまであるもの、レギンスのように足首まであるものがあります。

有名なのがCMもしているメディキュットですね。

足のふくらはぎからサポートするので血行が良くなります。

 

骨盤の修正だけでなく、血行を良好にしむくみ改善などにも繋がります。

 

 

昼用の骨盤スパッツ

昼起きているときに履くスパッツです。

骨盤矯正をしてくれて、血流をよくすることにより基礎代謝があがります。

 

夜専用スパッツ

寝るときに着用するスパッツです。

寝ている間に骨盤をきれいな状態に戻してくれる有難いものです。

 

 

骨盤ベルト

骨盤ベルトは上記のような履くものではなく、その名の通りベルトなので骨盤に巻きつけるものです。

マジックタイプ式で圧迫の力の強さを自分で調整できるメリットがあります。

自分の骨盤の位置、恥骨の位置を確認しながら着用できるため自分だけの締め方が可能なのが嬉しいですね。

 

コツをつかむまで少し時間がかかるかもしれません。

 

また直接骨盤に巻きつけ、お腹を圧迫しないため、妊婦さんでも使用可能です。

有名なものは産院でおススメされる産前産後から使える『トコちゃんベルト』があります。

 

 

トコちゃんベルトは私も産院で用意されていたので、ずっとお世話になりました。

 

 

 

実際に使用して分かった骨盤矯正下着のメリットデメリット

わたしは、産後に骨盤がゆるみ、寝ているだけで骨盤が痛く、寝返りをするたび激痛が走りました。

 

明らかに骨盤が歪んでいるのが自分でも分かりました。母親にも、お尻の巨大化、O脚を指摘され整体に通いました。

 

しかし整体に行ってもすぐには改善されることなく、お金が飛んでいく一方・・・

 

そこで骨盤矯正下着を色々試しているうちに、気がつけば全種類の骨盤下着を使用していました。

 

実際に使用したからこそわかる、それぞれの下着のメリット、デメリットについて記載します!

骨盤ショーツ

<メリット>

・種類が豊富で選ぶ楽しみがある

・量販店などでも販売されているため手軽に購入できる。

・安いものであれば1000円以下で手に入る。

・日常的に着用している下着のショーツと交換すればいいだけなので抵抗なく始められる。

・ショーツは必ず履くものなので忘れる心配がない。

 

<デメリット>

・かわいい下着を着用できない

・ブラジャーとショーツで種類が違ってしまう

・締め付け間が少ないため効果が出にくい

・太ももの付け根のラインがくるくるまとまってしまい、締め付けられて痛い

骨盤ガードル

メリット

・補正力が高いため着用してすぐに-○cm!の効果が出る(実際に痩せたわけではないが)

・太ももまでカバーしてくれるためパンツを履いたときのヒップラインがきれい

・パンティラインが出ない

・ウエストもカバーしてくれるものだとウエストも細くなる

 

デメリット

・夏場だと暑い

・下着の上に着用するため締め付け具合により下着の跡がついてしまう。

・下着とガードルの重ね履きになるためごわつく

骨盤スパッツ

メリット

・寝ながらふくらはぎから補正してくれるものがあるため楽

・足から腰までサポートしてくれるので温かい

・足も細くなる効果がある

 

デメリット

・ストッキングのようで履くのが大変

・スカートを履くことが出来ない

・パンツスタイルだと重ね履きになるためヒザを曲げづらい

骨盤ベルト

メリット

・お腹を圧迫しないため産前産後も使用できる

・自分の好みに合わせて圧迫を変更できる

・骨盤部分のみなので着用が楽

 

デメリット

・つける位置の勉強が必要

・付け忘れることがある

・骨盤部につけていてもズレて来ることがある

・トイレに行く度外すか、ウエストのほうにズラさないといけない

・厚みがあるためパンツスタイルだとお尻が大きく見える可能性がある

 

 

まとめ

全ての種類を試したことがあるわたしだからこそわかるメリットデメリットを公開しました。

いかがでしたでしょうか。

矯正下着には種類があり、用途も様々です。

自分に適した下着を選ぶことが大切です。

まず、なぜ骨盤矯正をしたいのかを考え、自分にあった下着を発見することをオススメします。

 

 

コメント